1. TOP
  2. ふんわり系
  3. Bonjour BON

Bonjour BON

有機こしあんぱん(ボンジュールボン)

吉祥寺駅から徒歩5分。
大賑わいの商店街を進むと「Bonjour BON(ボンジュールボン)」があります。

ボンジュールボンの店舗写真

中野・吉祥寺・東村山・府中に展開している街のベーカリー。
お子様好みの可愛いパンから大人も満足な変わり種パンまで、あらゆるパンを取り揃えられています。
自家製酵母を使ったパンや厳選素材を使用したパンなど、素材へのこだわりを感じます。

ボンジュールボンのあんぱん

有機こしあんぱん

パンの食感
国産小麦「ゆめちから」と東京牛乳によるもちもち生地
あんの甘さ
甘さ控えめのさらっとしたこしあん

甘さのあるしっとりとしたこしあんが、ふんわりもっちりとしたパン生地に包まれています。
あん上部のパン生地がふわふわなので、噛むとくしゅっとなるので見た目よりも軽めの食感です。
ケシの実が香ばしく、味わいにプラスされて美味しいです。

あんバターフランス

パンの食感
低温長時間発酵のバケット生地
あんの甘さ
甘みのある粒あんとフレッシュバター

角切りで贅沢な厚みのフレッシュバターと甘さ控えめのつぶあんがまろやかな味わいです。
バケット生地はもっちりとして、酵母の香りが香ばしく、小さいながらも満足感のある量感。

珈琲あんぱん

パンの食感
国産小麦「ゆめちから」と東京牛乳によるもちもち生地
あんの甘さ
珈琲で仕込んだ甘みのあるこしあんとホイップクリーム

ほろ苦いコーヒーで炊かれた甘さ控えめのこしあんと、ほんのり甘く癖の少ないホイップクリームが相性ばっちり。
まるでカフェオレを飲んでいるような味わいで、とてもクリーミーです。
パン生地はあんぱんと同じく、ふんわりくしゅっとした軽めの生地です。

おすすめの食べ方

有機こしあんぱん

そのままがおすすめです。
冷凍保存する場合は半分にカットして保存し、解凍時は電子レンジ500Wで20~30秒ほど加熱がおすすめです。

あんバターフランス

そのまままたは、トースターで1分ほどリベイクがおすすめです。
リベイクするとクラストがかりっとして、より香ばしさを楽しめます。
冷凍保存はバターがあるので難しいですが、半分にカットして保存し、解凍時は電子レンジ500Wで20~30秒ほど加熱したら、
トースターでバターが溶け出さない程度にベイクするのがおすすめです。

珈琲あんぱん

そのまま食べるのがおすすめです。
加熱するとホイップクリームが溶け出してしまうので、買いたてほやほやをお召し上がりください。

ボンジュールボンの店舗情報

ボンジュールボンの店舗写真
【住所】
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-7-7
【営業時間】
8:30~21:00
【休業日】
不定休
【HP】
https://bonjourbon.com/